鑑刀必携

近藤鶴堂 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 刀の沿革と各時代の刀匠 / 1
  • 上古の遺物 / 3
  • 刀の部分的節明 / 5
  • 錵、匂と燒刄 / 6
  • 第一期、 大寶より大同 / 9
  • 第二期、 大同より永延 / 11
  • 第三期、 永延より元暦 / 13
  • 第四期、 元暦より建武、鎌倉時代 / 15
  • 第五期、 建武より應永、南北朝時代 / 19
  • 第六期、 應永より慶長、足利豊臣時代 / 23
  • 第七期、 慶長より亨和、徳川時代 / 27
  • 第八期、 文化文政より明治、大正、昭和時代 / 32
  • 刀劍の取扱方 / 38
  • 目利の心得大意 / 40
  • 地がねの事 / 41
  • 鑑定の順序 / 44
  • 當同然 / 45
  • 古刀山域國 / 46
  • 大和、相摸、美濃、北陸道 / 47
  • 伯耆、石見、備前國 / 48
  • 九州、筑前、豊後、肥後、薩摩 / 49
  • 新刀山城國 / 50
  • 河内、和泉、攝津國 / 55
  • 伊賀、伊勢 / 63
  • 志摩、尾張 / 64
  • 三河、遠江 / 65
  • 駿河、甲斐、伊豆、相摸 / 66
  • 武藏國 / 67
  • 上總、下總、常陸、近江 / 75
  • 美濃國 / 76
  • 信濃國 / 77
  • 上野、陸奧 / 78
  • 若狹、越前 / 82
  • 加賀國 / 83
  • 能登、越中、越後、丹波、丹後、伹馬 / 85
  • 因幡、伯耆、出雲、石見、隱岐 / 86
  • 播磨國 / 87
  • 美作、備前 / 88
  • 備中國 / 89
  • 備後、安藝 / 90
  • 周防、長門 / 91
  • 紀伊國 / 92
  • 淡路、阿波、讃岐、伊豫 / 93
  • 土佐、筑前 / 94
  • 筑後、豊前、豐後 / 95
  • 肥前國 / 97
  • 肥後、日向 / 100
  • 大隅、薩摩 / 101
  • 入札の答辨に就ての術語 / 105
  • 刀の部分的圖示説明 / 106
  • 恰好の種類 / 111
  • 切先の種類と各流派の掟 / 113
  • 棟の種類と各流派の掟 / 115
  • 樋及彫物の種類 / 116
  • 刄紋の種類と主なる作者 / 120
  • 參考として見る刄の名稱 / 146
  • 鋩子の種類と作者の大畧 / 150
  • 地肌の種類と主なる作者 / 157
  • 錵 / 159
  • 匂 / 160
  • ウツリ / 160
  • 地ケイ、金筋、稻妻、打のけ、湯走り、楝燒 / 161
  • 刄紋及地、錵、匂の名稱 / 162
  • 直刄、亂刄の部 / 162
  • 帽子、地肌の部 / 164
  • 錵、匂、やすり / 165
  • 諸國鑑定の大意 / 166
  • 山城國及掟 / 166
  • 大和國 / 170
  • 大和國掟 / 171
  • 河内、和泉、攝津國 / 174
  • 伊勢國 / 175
  • 尾張國、三河國 / 176
  • 遠江、駿河、相摸國 / 177
  • 相州物の掟 / 178
  • 武藏國 / 181
  • 近江國 / 183
  • 美濃國及掟 / 184
  • 陸奧國 / 187
  • 出羽國、岩代國、北國物の掟 / 188
  • 若狹國、越前國 / 190
  • 加賀國 / 191
  • 越中國、越後國 / 192
  • 丹波、但馬、困幡國 / 193
  • 伯耆國 / 194
  • 出雲國、石見國 / 195
  • 播磨國、美作國 / 196
  • 備前國 / 197
  • 備前物の掟 / 198
  • 備中國及備中物の掟 / 202
  • 備後國、三原一派の掟 / 203
  • 安藝國、周防國 / 205
  • 長門國、紀伊國 / 206
  • 阿波、讃岐、伊豫國 / 207
  • 土佐國、筑前國 / 208
  • 筑後國 / 209
  • 豊前國、豊後國 / 210
  • 肥前國 / 211
  • 肥後、日向、大隅國 / 212
  • 薩摩國 / 213
  • 慶長十年の古刀位列 / 214
  • 注進物 / 215
  • 可然物 / 216
  • 太刀、刀のみの作者 / 217
  • 小脇差ばかりの作者 / 218
  • 神田白龍子新刀位列 / 218
  • 鎌田魚妙が選みし上々作 / 221
  • 山田淺右衛門の切味發表 / 222
  • 折紙審査の參考 / 224
  • 刀の研並保存法の注意 / 227
  • 据物切りの諸家 / 230
  • 著名なる古刀鍛冶の年代 / 233
  • 山城の部 / 233
  • 大和の部 / 237
  • 伊勢の部 / 239
  • 尾張、三河、遠江の部 / 240
  • 駿河、相摸の部 / 241
  • 武藏、近江、美濃の部 / 243
  • 若狹、越前の部 / 245
  • 加賀、但馬、因幡の部 / 246
  • 伯耆、出雲、石見の部 / 247
  • 備前の部 / 248
  • 備中の部 / 250
  • 備後、安藝の部 / 251
  • 周防、長門、筑前の部 / 252
  • 筑後、豊前、豊後の部 / 254
  • 肥前、肥後、日向の部 / 255
  • 大隅、薩摩、紀伊の部 / 256
  • 淡路、土佐の部 / 257
  • 刀劍試切りと其設備 / 257
  • 試切りは容易に出來る / 260
  • 試し切臺 / 262
  • 卷藁の造り方 / 263
  • 切柄の事 / 265
  • 試切りの稽古 / 266
  • 年數旱見出し / 270

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鑑刀必携
著作者等 近藤 周平
近藤 鶴堂
書名ヨミ カントウ ヒッケイ
書名別名 Kanto hikkei
出版元 羽沢文庫
刊行年月 昭和16
版表示 改版
ページ数 280p
大きさ 18cm
NCID BB24791568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46036108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想