村上春樹と物語の条件 : 『ノルウェイの森』から『ねじまき鳥クロニクル』へ

鈴木智之 著

村上春樹の主要作品のなかから『ノルウェイの森』と『ねじまき鳥クロニクル』を取り上げ、二つの物語の内に私たちが生きている現実世界の痕跡を読み取っていく。「記憶」「他者」「身体」という共通の主題がそれぞれの物語をいかに起動・展開させているのかをたどりながら、恐怖に満ちたこの世界を生き延びるためのスタイルを模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 記憶・他者・身体-『ノルウェイの森』と自己物語の困難(自己物語の氾濫/困難
  • 想起(の物語)の失敗
  • 身体/他者-自己物語とそのさまざまな困難
  • 「直子」-沈黙する身体
  • 「緑」-語り続ける身体
  • 忘却の忘却としての物語)
  • 第2部 災厄の痕跡-日常性をめぐる問いとしての『ねじまき鳥クロニクル』(日常性への問い
  • 他者の同一性=正体をめぐる物語
  • 偶発的身体
  • 飽和する記憶
  • 恐怖の持続)
  • そして、物語は続く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 村上春樹と物語の条件 : 『ノルウェイの森』から『ねじまき鳥クロニクル』へ
著作者等 鈴木 智之
書名ヨミ ムラカミ ハルキ ト モノガタリ ノ ジョウケン : ノルウェイ ノ モリ カラ ネジマキドリ クロニクル エ
書名別名 Murakami haruki to monogatari no joken
シリーズ名 ねじまき鳥クロニクル
ノルウェイの森
出版元 青弓社
刊行年月 2009.8
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7872-9190-5
NCID BA91186685
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21651622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想