我が国体

山崎富伝 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緒論 / 1
  • 本論 / 2
  • 一 我が國體 / 2
  • 二 世界最舊國 / 4
  • 一 日本は世界の最舊國である / 4
  • 1 日本 / 4
  • 2 英國 / 5
  • 3 露國 / 6
  • 4 獨國 / 6
  • 5 佛國 / 6
  • 6 米國 / 6
  • 7 伊國 / 7
  • 8 支那 / 7
  • 9 エ國 / 7
  • 二 又最新の皇國 / 8
  • 三 皇室 / 9
  • 一 萬世一系 / 9
  • 僧奝然 / 9
  • 二 主權尊嚴 / 9
  • 1 蘇我馬子 / 10
  • 2 藤原廣嗣 / 10
  • 3 道鏡 / 10
  • 4 藤原基經 / 11
  • 5 藤原道長 / 11
  • 6 平將門 / 12
  • 7 北條義時 / 12
  • 8 足利尊氏 / 12
  • 9 戰國 皇室の式微と群雄 / 12
  • 10 後光明天皇 / 13
  • 三 崇祖 / 13
  • 1 崇祖は野蠻の遺風か / 14
  • 2 皇室御崇祖の例 / 14
  • 3 崇祖につきて詠まれた御製 / 16
  • 4 崇祖は我が國民道徳の基礎 / 16
  • 別刷「第三圖」皇室の宏大な御仁慈と大和の御精神(滿洲國皇帝陛下の御來訪) / 16~17
  • 1 内外の別なき 皇室の御仁慈
  • 2 滿洲國皇帝陛下の御來朝と皇室
  • 3 建國神廟の御創建
  • 4 東亞一家
  • 四 仁慈 / 17
  • 1 皇室の御仁慈は絶對愛である / 17
  • 2 御仁慈は外人に及ぶ / 18
  • 3 歴代 皇室の御仁慈 / 18
  • 4 皇室の御徳を穢し奉る如き傳説の誤謬 / 25
  • 5 諸外國君主の暴虐 / 28
  • 別刷「第四圖」外國君主の狂虐(齊帝蕭寶卷) / 30~31
  • 1 齊帝蕭寶卷と潘妃
  • 2 皇室の絶對愛の下に生活する日本人の幸福
  • 五 皇室中心 / 37
  • 四 臣民 / 41
  • 一 偉大なる同化力を有する大和民族 / 41
  • 1 異文化の同化 / 41
  • 2 異民族の同化 / 45
  • 3 異民族のよく同化された例證 / 62
  • 別刷「第五圖」異民族の同化(支那の避難老婆を脊負うて猛煙をくぐる軍裝の天使) / 44~45
  • 1 日本民族の同化力
  • 2 異民族の同化
  • 3 廣東攻略と軍裝の天使
  • 4 加藤清正と二王子
  • 5 島津義弘の供養塔
  • 二 「克ク孝」 / 65
  • 別刷「第六圖」君臣一體「明治天皇の御病氣御平癒を祈り奉る赤子」 / 68~69
  • 1 明治天皇の御惱と赤子
  • 2 露帝アレクサンドル二世の臨終前後
  • 3 ルイ十五世の死
  • 三 「克ク忠」 / 69
  • 1 支那の忠は如何 / 72
  • 2 西洋の忠は如何 / 74
  • 四 武士道を指導精神とする樂天勇往の國民 / 80
  • 別刷「第七圖」諸外國の淺ましい君臣關係「スペイン最後の皇帝アルフォンゾ十三世」 / 84~85
  • 1 神皇一體-現人神
  • 2 應神天皇と國栖の民
  • 3 アルフォンゾ十三世退位の悲劇
  • 4 全體主義・共産主義・自由主義
  • 五 君臣關係 / 85
  • 一 義は君臣、情は父子 / 85
  • 二 團結鞏固 / 86
  • 三 武勇 曾て外侮を受けず / 90
  • 別刷「第八圖」外侮(ドイツに侵入したフランス兵の暴虐) / 92~93
  • 1 ドイツの外侮
  • 2 諸外國の外侮
  • 3 我が國が曾て外侮を受けざる自然的人文的條件
  • 六 國土 / 93
  • 一 祖宗肇造 / 93
  • 二 國土優秀 / 96
  • 1 位置の優秀 / 96
  • 2 地形の優秀 / 96
  • 3 氣候の優秀 / 96
  • 三 種々の國號 / 96
  • 1 大日本 / 97
  • 2 大八洲 / 97
  • 3 豐秋津洲 / 97
  • 4 葦原の中つ國 / 98
  • 5 豐葦原の瑞穗の國 / 98
  • 6 浦安の國 / 98
  • 7 細戈千足の國 / 98
  • 8 玉垣の内つ國 / 98
  • 9 磯輪上の眞秀の國 / 98
  • 10 言玉のさきはふ國 / 98
  • 11 君子國・禮儀國 / 98
  • 12 倭 / 98
  • 13 日出國 / 98
  • 14 Japan / 98
  • 七 君民同祖 一大家族 本家 支家 / 99
  • 一 我が國體が萬国に冠絶した根本理由 / 99
  • 二 君民同祖なれば何故美しい國體となるか / 99
  • 三 君民同祖の證 / 101
  • 八 君臣の分定まる / 106
  • 一 我が國の君位の基本は血統である / 106
  • 二 支那の君位の基本は徳である / 106
  • 三 西洋の君位の基本は約束である / 108
  • 四 尊嚴なる我が君位 / 111
  • 九 八紘一宇 / 113
  • 一 肇國の大理想 / 113
  • 二 八紘一宇 / 113
  • 三 世界を光被すべき我が皇道 / 114
  • 一〇 無窮發展 / 115
  • 一 無窮發展の理想 / 116
  • 二 永遠の皇國 / 116
  • 別刷「第九圖」八絃一宇(宮崎市八紘臺に建てられた八紘の基柱) / 116~117
  • 1 「八紘を掩ひて字となす」
  • 2 未來は最も聰明・勤勉・道徳的な者の掌中に
  • 3 世界究極文明の大成
  • 4 八紘之基柱
  • 三 皇國の理想に向つての大行進 / 116
  • 結論 / 119
  • 「附録」日本民族の反省
  • 一 緒論 / 附1
  • 二 民族衰亡の原理 / 附2
  • 1 氣候變化論
  • 2 經濟變化論
  • 3 民族素質低下論
  • 三 大和民族の生活上改善すべき點 / 附5
  • 第一 身體の改造に力めよ
  • 第二 團體訓練の振興-公衆道徳の涵養
  • 第三 飮酒・泥醉・喫煙の習慣を止めよ
  • 第四 家屋を改造せよ
  • 第五 服裝の改良をなせ
  • 第六 科學研究を振興せよ
  • 第七 時間を重んぜよ
  • 第八 歡樂を追うな、金錢尊重の迷夢を脱せよ
  • 第九 生めよ、殖やせよ、産兒制限論に誤られるな
  • 第一〇 重厚冷靜の氣風を養へ
  • 第一一 信用を重んぜよ
  • 第一二 實業を重んぜよ
  • 第一三 島國根性を去れ
  • 後見返し 大和民族の團結性と忠勇性「元冦」

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 我が国体
著作者等 山崎 富伝
書名ヨミ ワガ コクタイ
書名別名 Waga kokutai
出版元 皇道宣揚義会
刊行年月 昭和15.10
ページ数 1冊
大きさ 21cm
NCID BB02713538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46034668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想