寒竹 : 歌集

平福百穂 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 明治三十九年
  • 富嶽の歌(二首) / 1
  • 眞間の入江にて(五首) / 2
  • 信州遊草(二首) / 4
  • 長塚節に寄す(一首) / 5
  • 蓼科山(五首) / 6
  • 明治四十年
  • 故園春雪(五首) / 8
  • 田澤湖(十一首) / 10
  • 國見峠にて(二首) / 14
  • 明治四十一年
  • 釧路行(九首) / 15
  • 塘路沼(二首) / 19
  • 明治四十二年
  • 有明月の歌(七首) / 20
  • 東京歌會(四首) / 23
  • 明治四十五年
  • 椿の影(五首) / 26
  • 大正二年
  • 歌會の歌(三首) / 28
  • 大正三年
  • 歌會の歌(一首) / 29
  • 鴨(八首) / 30
  • 大正四年
  • 長塚節の葬式(十一首) / 33
  • 孕猫(八首) / 37
  • 若布刈(五首) / 40
  • 松樹(八首) / 42
  • 伊藤左千夫三周忌(二首) / 45
  • 乞食(五首) / 46
  • 大正五年
  • 酒藏(十四首) / 48
  • 長塚節一周忌歌會(三首) / 53
  • 子規忌歌會(三首) / 55
  • 朝鮮雜詠(十三首) / 57
  • 大正六年
  • 蕗の薹(八首) / 63
  • 鷽鳥(十首) / 66
  • 長塚節三周忌歌會(二首) / 70
  • 春水(五首) / 71
  • 歌會(一首) / 73
  • 松島行(五首) / 74
  • 大正七年
  • おもての坂(八首) / 76
  • 山の宿(八首) / 79
  • 旅(五首) / 82
  • 赤彦を訪ふ(二首) / 84
  • 冬日閑居(八首) / 85
  • 大正八年
  • 手術(五首) / 88
  • 病室にて〔其一〕(八首) / 90
  • 病室にて〔其二〕(八首) / 93
  • 伊豆の山(七首) / 96
  • 相模灘(八首) / 99
  • 大正九年
  • 餘寒(五首) / 102
  • 雪の夜(八首) / 104
  • おどろき(七首) / 107
  • 柩車(八首) / 110
  • 筑紫行(五首) / 113
  • 大正十年
  • 羽後のいでゆにて(四首) / 116
  • 折にふれたる(四首) / 118
  • 諏訪アララギ歌會(一首) / 120
  • 齋藤茂吉氏送別歌會(一首) / 121
  • 花の手術を行ふ(八首) / 122
  • 白田舍晩(八首) / 125
  • 大正十一年
  • 庭上(五首) / 128
  • 旅をりをり(十二首) / 130
  • 十二月十一日(二首) / 136
  • 大正十二年
  • 先考を思ふ(十六首) / 137
  • 五月(八首) / 144
  • 往時を懐ふ(八首) / 147
  • 海邊(二首) / 150
  • 郷里(六首) / 151
  • 大震災(二十一首) / 154
  • 大正十三年
  • 挽歌(六首) / 164
  • 藤澤古實君入營(七首) / 168
  • 奉祝東宮御成婚(二首) / 171
  • 佐藤三吉先生(三首) / 172
  • 信濃路(七首) / 174
  • 折にふれたる(五首) / 177
  • 旅折をり(十三首) / 180
  • 京都御所(十七首) / 186
  • 十一月二十九日(二首) / 193
  • 大正十四年
  • 憶山本信一君(五首) / 194
  • 青龍寺(七首) / 196
  • 富津にて(十四首) / 199
  • 迎齋藤茂吉君(二首) / 204
  • 清澄山十一首) / 205
  • 大川(五首) / 209
  • 滿洲行〔一〕(二十一首) / 211
  • 滿洲行〔二〕(十六首) / 219
  • 滿洲行〔三〕(十首) / 225
  • 入院中(十一首) / 229
  • 湯河原温泉(五首) / 233
  • 大正十五年
  • 阿蘭陀繪(七首) / 235
  • 白田舍即吟(五首) / 238
  • 懐舊〔一〕(八首) / 240
  • 懐舊〔二〕(八首) / 243
  • 雜歌(四首) / 246
  • 島木赤彦君を憶ふ(十四首) / 248
  • 雜歌(八首) / 253
  • 昭和二年
  • 仙巖峠(二十一首) / 256
  • 増補
  • 昭和二年
  • 島木赤彦一周忌歌會(一首) / 264
  • 永平寺詠草(一首) / 264
  • 昭和三年
  • 能登游記(一)(九首) / 265
  • 能登游記(二)(十四首) / 268
  • 長塚節・山木信一忌歌會(一首) / 274
  • 樂浪郡(十首) / 275
  • 大正十四年秋(十五首) / 279
  • 川端玉章先生の畫塾にありしころ(十首) / 284
  • 梭の音(七首) / 288
  • 伊藤左千夫忌歌會(一首) / 291
  • 浮世繪展覧會を觀る(五首) / 291
  • 燈籠(八首) / 293
  • 郊外(六首) / 296
  • 行燈(四首) / 299
  • 昭和四年
  • 御大典(十八首) / 300
  • 喪にこもりて(五首) / 307
  • 偶感(一首) / 309
  • 昭和五年
  • 洋行送別歌會(一首) / 310
  • 昭和六年
  • 大澤寺詠草(二首) / 311
  • 葛温泉即詠(一首) / 312
  • 昭和七年
  • 島木赤彦七回忌歌會(一首) / 312
  • 卷末の記 / 315
  • 増補版について・平福一郎 / 327
  • 挿繪
  • 小影昭和五年於巴里
  • 五位鷺昭和八年十月絶筆
  • 短歌一首(短册)能登游記中の一
  • 罌粟(寫生)昭和八年夏
  • 僧院の雨(寫生)昭和六年

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 寒竹 : 歌集
著作者等 平福 百穂
書名ヨミ カンチク : カシュウ
書名別名 Kanchiku
シリーズ名 アララギ叢書 ; 30
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和20
版表示 [増補版]
ページ数 329p
大きさ 19cm
NCID BN0764209X
BN08729728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46036094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想