福富織部 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • へその語源
  • 一 へその意義 / 1
  • 二 へその異名 / 3
  • 三 へその種類 / 5
  • 四 ○○○まつり / 8
  • 五 穴の説 / 9
  • へその經歴
  • 一 臍の起源 / 13
  • 二 臍の効用(高田義一郎) / 17
  • 臍の愚痴
  • 一 新聞に現はれたへその泪(團々珍聞) / 20
  • 二 俳人の見たへその泪(うづら衣) / 20
  • 三 民謠に現はれたへその泪(浮れ草) / 23
  • 雷とへその關係
  • 一 雷とおへそ / 24
  • 二 雷公とその連鼓 / 27
  • 小咄と笑話
  • 雷の玉子
  • 雷公の災難
  • 臍にかへてつかむ白銀
  • 雷の仲間入
  • 雷のすて子
  • きおひと雷
  • 雷の落ぞこなひ
  • 雷の玉子
  • 頓松と雷
  • 雷への頼状
  • 河童の昇天
  • 雷の文章
  • 西の雷
  • へその奇跡
  • 二つの臍(キング十四、二)
  • 臍中生五穀罔象(日本書記神代)
  • 女の臍より出し石の話(松屋筆記)
  • 臍中出屎(時還讀我)
  • 創作二篇
  • 臍の悲・正木不如丘 / 50
  • へそのない男・佐々木味津三 / 58
  • へその川柳 / 64
  • へそと俚諺
  • 一 臍を噬むの意 / 66
  • 臍(小説)・湖山人 / 67
  • 木下藤吉郎(講談)・錦城齋典山 / 72
  • 二 臍に徹すの意 / 90
  • 池田光政公の改心(大衆小説)・青海洋三 / 91
  • 三 へそを曲げるの意 / 115
  • 光秀遂に臍を曲げた(講談)・揚名舍桃李 / 116
  • 四 臍をかためるの意 / 132
  • 宗五郎のほぞ(講談)・寶井琴窓 / 133
  • 五 臍をすゑるの意 / 166
  • 羽生郷右衛門(隨筆)・福本日南 / 167
  • 六 へそ刮りの意 / 172
  • 臍繰り(滑稽小説)・寺尾幸夫 / 174
  • 七 臍で茶を沸すの意 / 195
  • 臍茶六束
  • 五右衞門風呂 / 201
  • 彌次北江尻で馬士との問答 / 206
  • 丸子の宿の夫婦喧嘩 / 208
  • 江戸ツ子八百屋と上方のけち助 / 210
  • 盲人と醉漢 / 218
  • 漢學者氣質 / 223
  • 臍の教訓
  • 臍だ!・佐藤紅緑 / 228
  • 臍隱居・驚光・堵庵 / 235
  • 氣を臍下に練る法・平田篤胤 / 243
  • へその俳句 / 248
  • 落雷の圖・英泉畫 / 249
  • 昭和の黄表紙臍茶沸兵衛旅日記・倉島たんろう作 / 250
  • 臍・渡邊默禪 / 311
  • 滑稽諷刺のおへそ / 349
  • 阿呆陀羅經(目覺めよ國民)
  • 新版阿呆陀羅經(東京名物)
  • 臍陀羅經
  • 煩悶
  • 白隱禪師の歌
  • 道外物語の序
  • 届書
  • 楊弓
  • 磊々問答
  • 刮々坊主の話
  • 臍の功徳
  • 臍穴守禪師におくることば
  • 女房
  • おへその茶
  • 各地の方言
  • 家庭スケツチ
  • 雷公重箱
  • 囓臍
  • 臍の讃美
  • 花車・村上浪六 / 367
  • 臍の頌・横井也有 / 369
  • 臍の力・佐藤紅緑 / 371

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名
著作者等 福富 織部
書名ヨミ ヘソ
出版元 万里閣書房
刊行年月 昭和4.8
ページ数 390p
大きさ 19cm
NCID BA34275772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46034433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想