定型俳句陣

水原秋桜子 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 感想
  • 作者としての用意を語る
  • 1 七絃會を見て / 3
  • 2 「川のほとり」雜感 / 6
  • 3 若山牧水氏の歌 / 9
  • 4 新傾向を去れる乙字氏 / 10
  • 5 志賀直哉氏と芥川龍之介氏 / 11
  • 6 或時代の指導精神 / 14
  • 7 蘆の若葉 / 16
  • 8 頭と腕 / 17
  • 9 句集「銀漢」を讀む / 18
  • 10 友は言ふ / 22
  • 11 添削 / 23
  • 12 偶感 / 24
  • 13 山廬集暼見 / 25
  • 14 釣人にきく / 28
  • 15 藝を樂しむ心 / 30
  • 16 青山熊治氏遺作展 / 32
  • 17 「柿蔭集」管見 / 34
  • 18 をだまきの花 / 37
  • 19 朴の花の句 / 39
  • 20 「寢園」を讀みて / 41
  • 21 都會の俳句 / 42
  • 22 空想の景色 / 44
  • 23 淨瑠璃寺の寫眞 / 45
  • 24 百濟觀音 / 47
  • 25 「星座」に就て / 48
  • 26 銚子港と犬吠岬 / 52
  • 27 再び、をだまきの花 / 54
  • 28 龍子畫伯の個展 / 55
  • 29 芭蕉の一句 / 58
  • 30 「獵人日記」と「鷭」 / 62
  • 31 ヴアレリイの言葉 / 64
  • 32 岩田氏の著書 / 66
  • 33 老梅の句と◇木鳥の句 / 68
  • 34 色の感じ / 71
  • 35 余子氏と喜舟氏 / 72
  • 36 植松壽樹氏の歌 / 77
  • 37 魔障圖 / 79
  • 38 連作の季語 / 81
  • 39 續鬼城句集 / 83
  • 40 たけし句集私見 / 86
  • 41 加賀二人集を續む / 91
  • 42 運動競技の俳句 / 96
  • 43 連作と繪卷 / 97
  • 44 西行の歌一首 / 99
  • 45 拳鬪の句 / 100
  • 46 不易流行の説 / 101
  • 47 新しき人事句 / 103
  • 48 京鹿子第四句集讀後感 / 105
  • 49 天心先生の言 / 108
  • 50 雲海の句 / 109
  • 連作俳句私見 / 111
  • 橘櫚葉子君へ / 123
  • 批評
  • 「凍港」を讀む / 129
  • 句集「湖におどろく」 / 139
  • 句集「すみだ川」雜感 / 147
  • 芝不器男句集 / 155
  • 句集「ももちどり」を讀みて / 163
  • 「草の花」を讀む / 173
  • 「雑草園」に佇みて / 191
  • 研究
  • わが猿蓑研究 / 207
  • はしがき / 209
  • 凡兆の自然描寫 / 212
  • 趣を尚ぶ去來 / 225
  • 芭蕉の心 / 237
  • 連作俳句の設計圖 / 271
  • 雜記
  • 俳句雜話 / 293
  • 初學上達の説 / 323
  • 解説

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 定型俳句陣
著作者等 水原 秋桜子
書名ヨミ テイケイ ハイク ジン
出版元 竜星閣
刊行年月 昭和9
ページ数 339p
大きさ 20cm
NCID BA45900336
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47009695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想