危険な関係  続

コデルロス・ド・ラクロ 著 ; 伊吹武彦 訳

続の書名: セシル・ド・ヴォランジュの手記;原タイトル: Les liaisons dangereuses

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 作者の序-私がこの手記を書く理由 / 3
  • 第一章 私の幼年時代-父の死-修道院-バチルド-ソフィー / 11
  • 第二章 修道院を去る-私の後見人-母のサロン-ラクロ氏-メルトイユ夫人-ダンスニー-堰かれた戀 / 25
  • 第三章 ローズモンド夫人-ツールヴェル法院長夫人-ヴァルモン-彼との馴れそめ / 43
  • 第四章 ヴァルモンとの愛のその後-パリに歸る-流産-産後-ダンスニーに再會す-捨てらる / 64
  • 第五章 修道院滯在-出發-私の侍女-チヴュルス / 87
  • 第六章 チヴュルスとの戀-男兒を生む-チヴュルスとの別れ / 106
  • 第七章 イタリア行き-後見人の性格-パヂオリ氏-後見人の死 / 123
  • 第八章 イタリアを去る-マルセーユ-チヴュルス-ジェルクール氏-ロンドン-私の結婚-グラディス卿 / 147
  • 第九章 パリ行き-ブリュセル-メルトイユに復讐す-ロンドンに歸る / 174
  • 第十章 ロンドンに歸る-フランスの事變-再びメルトイユ-F監獄-ラクロ / 192
  • 第十一章 B監獄-夫と隔てらる-ダンスニーとの第二の戀-出獄 / 217
  • 第十二章 夫の死-男兒を生む-チヴュルスと結婚す-手記の結び / 240

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 危険な関係
著作者等 Laclos, Choderlos de
Laclos, Pierre Ambroise François Choderlos de
伊吹 武彦
コデルロス・ド・ラクロ
書名ヨミ キケンナ カンケイ
書名別名 セシル・ド・ヴォランジュの手記

Les liaisons dangereuses
巻冊次
出版元 創元社
刊行年月 昭和22-23
版表示 縮刷版
ページ数 2冊
大きさ 19cm
NCID BA33688642
BA35191102
BA4264806X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46032736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想