身体・歴史・人類学  2 (西欧の眼)

渡辺公三 著

征服者コロンブスを糾弾し、告白を武器として戦ったラス・カサス。先住民の土地の自由な剥奪を賭けて戦われたアメリカ独立革命。植民者たちに抹殺されたコンゴ独立のリーダー、ルムンバ。人類学は「西欧の眼」のなかで育ちつつ、どれだけ西欧自身を対象化しえてきたのか。いかに人類学は、人間存在の"今"を照らし出す想像力を獲得しうるのか。人類学史への再検討から「現代世界」の人類学へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(ナショナリズム・マルチナショナル・マルチカルチュラリズム-多文化主義の歴史的文脈
  • ザイールの崩壊からコンゴ民主共和国へ-「国家建設」は追求されたのか
  • パトリス・ルムンバ-ひとりの「開化民」の生成と消失)
  • 2(神判の解体-アフリカにおける妖術現象の歴史民族学への一視点
  • 歴史人類学の課題-ヒストリアとアナール派のあいだに
  • 構造と歴史-サーリンズの歴史は構造を超えたか)
  • 3(両義的西欧と「近代」への問い-ルイ・デュモン『個人主義論考』の余白に
  • 一九世紀のフランス市民社会と人類学の展開-共和主義と人種
  • 個体の倒錯図法へのノート-A・ペルティヨンと人類学の世紀末
  • アメリカ人類学の発生現場を検証する-モーガンとインディアン「土地問題」へのメモ)
  • 4(古代文学と人類学-テクストからフィールドへ
  • ディディエ・アンジュー紹介-『皮膚‐自我』解説
  • 幻想と現実のはざまのインセスト・タブー-フロイトからレヴィ=ストロースへ
  • マルセル・モースにおける現実と超現実-シュールレアリズムへ向けた人類学からのいくつかの断片)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体・歴史・人類学
著作者等 渡辺 公三
書名ヨミ シンタイ レキシ ジンルイガク
書名別名 西欧の眼

Shintai rekishi jinruigaku
巻冊次 2 (西欧の眼)
出版元 言叢社
刊行年月 2009.7
ページ数 412, 42p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86209-030-0
NCID BA90797912
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21654097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想