結婚歓喜譚 : 結婚の十の歓び

アフラ・ベーン 著 ; 大久保康雄 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 解説 / 7
  • 作者より讀者へ / 19
  • 結婚の十の歡び / 21
  • 第一の悦樂 / 31
  • 願ひかなつて縁組まとまり、華燭の典をあげること。
  • 第二の悦樂 / 53
  • 新妻、世帶道具を買ひこむこと、婚禮の客、ありがたく思ふものと思はるるものとのこと。
  • 第三の悦樂 / 67
  • 若夫婦日日に出歩き、友人知己の招待をうけ、ついで遊山の旅に出ること。
  • 第四の悦樂 / 87
  • 新妻、近所へおしやべりに行くこと、並びに不姙を嘆いて藥をとること。
  • 第五の悦樂 / 101
  • 若妻、身重となり、渇望に落ちいること。
  • 第六の悦樂 / 117
  • 生れくる子と、産具の仕度、産婆とばあやの用意のこと。
  • 第七の悦樂 / 131
  • 陣痛はじまること。
  • 第八の悦樂 / 143
  • 妻、産褥につくこと。
  • 第九の悦樂 / 163
  • 内祝ひの宴について。
  • 第十の悦樂 / 193
  • 産明けの大祝宴を開くこと、ならびに子供に洗禮の晴衣きせること。
  • ある友への手紙 / 215
  • 結婚すべきや否やを知らんがために。
  • 譯者後記 / 225
  • アフラ・ベーンについて。

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 結婚歓喜譚 : 結婚の十の歓び
著作者等 Behn, Aphra
大久保 康雄
アフラ・ベーン
書名ヨミ ケッコン カンキタン : ケッコン ノ 10 ノ ヨロコビ
出版元 二見書房
刊行年月 昭和23
ページ数 232p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46032277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想