「モナリザ」の微笑み : 顔を美術解剖する

布施英利 著

レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「モナリザ」の謎めいた微笑みは何を表しているのか?このミステリーは、美術愛好家のみならず多くの人びとを魅了してきた。著者は、その顔を美術解剖した結果、モナリザの顔は合成画で、少しも微笑んでいないことを発見。なぜこうした絵が描かれたのかを辿るうち、もうひとりの天才ピカソとの意外な接点を見出した。ピカソも、この秘密に気づき、それがかの美術史上の革命、キュビスムにつながったのではないか、と…。分析は、古今東西の微笑の系譜へと及んでいく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ルーブル美術館の『モナリザ』
  • 1章 モナリザは微笑んでいなかった(モナリザの顔を解剖する
  • ダ・ヴィンチ絵画の微笑み
  • モナリザh微笑んでいなかった)
  • 2章 ピカソが盗んだ「モナリザ」(『モナリザ』盗難!-ピカソ、パリの警察で取り調べを受ける
  • ピカソの絵画
  • 三つの「モナリザ」
  • セザンヌが描く人物はなぜ微笑んでいないのか
  • 「モナリザ」=ピカソ+セザンヌ+レンブラント)
  • 3章 世界は、私たちが知っている以上に、つながっている(ランス大聖堂「微笑みの天使」(フランス)
  • アンディ・ウォーホル「マリリン」(アメリカ)
  • アテネ国立考古学博物館「クーロス」
  • 法隆寺「百済観音像」)
  • エピローグ 「モナリザ」をもう一度

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「モナリザ」の微笑み : 顔を美術解剖する
著作者等 布施 英利
書名ヨミ モナリザ ノ ホホエミ : カオ オ ビジュツ カイボウスル
シリーズ名 PHP新書 623
出版元 PHP研究所
刊行年月 2009.9
ページ数 174p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-77110-6
NCID BA91137169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21645934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想