音楽家の社会史

西原稔 著

まだ無名の音楽家が、ひとつのステージを持つことの困難さは今も昔も変わらない…。音楽の消費が着実に増大した19世紀ヨーロッパ社会の中で、市民の音楽生活はどうだったのか。現在の音楽社会への問いから生まれた、音楽社会史研究の出発点ともなった名著の改訂新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人ごみの中の音楽家(音楽家のデビュー
  • 旅をする音楽家
  • 音楽家の生活 ほか)
  • 第2部 金メッキのシャンデリアの下で(音楽家の時間割
  • 都市の夜は長く
  • 演奏会場のもう一つの楽しみ ほか)
  • 第3部 ジャーナリズムの中の音楽家(批評にふり回される音楽家
  • 音楽新聞紙上掲示板
  • 著作権をめぐる闘い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽家の社会史
著作者等 西原 稔
書名ヨミ オンガクカ ノ シャカイシ
書名別名 Ongakuka no shakaishi
シリーズ名 オルフェ・ライブラリー
出版元 音楽之友社
刊行年月 2009.7
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-276-37101-9
NCID BA90831624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21683145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想