戦陣叢話  第4輯

軍事討究会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 題字
  • 陸軍大將一戸兵衞氏揮毫
  • 口繪
  • 歩兵第十聯隊三塊石山に於ける捕虜收容の實況
  • 東鷄冠山北砲臺の爆發
  • 黒溝臺激戰地に於ける我軍戰死者
  • 高梁を折曲げたる急造鹿砦
  • 冠辭
  • 伏見宮貞愛親王殿下戰袍日誌・陸軍少將 三原三郎 / 1
  • 城山の夕・陸軍歩兵少佐 平野勝明 / 12
  • 山縣大將電報を机上に抛つ・陸軍中將 西川虎次郎 / 23
  • 日露戰役前後に於ける我國野戰重砲兵の囘顧・陸軍中將 今西甚五郎 / 26
  • 三月十日に於ける百八十度轉囘の第十師團の攻撃戰鬪・陸軍中將 伊丹松雄 / 38
  • 日露戰爭の思出・陸軍中將 齋藤義夫 / 44
  • 遼陽東南門の占領・陸軍歩兵大佐 赤松寛美 / 55
  • 日露戰役當初の海岸監視哨勤務の實況・陸軍歩兵大佐 喜田卯吉 / 63
  • 砲二門を敵に奪はれた時の感想・陸軍中將 小田四郎 / 66
  • 明治三十七八年戰役に於ける臨時軍用鐵道監部業務の經過に關する思出竝に鐵道監故山根陸軍中將の統帥振りに就て・陸軍少將 中柴惠洲 / 69
  • 韓山遼水(日清戰役從軍囘顧)・陸軍中將 松井庫之助 / 76
  • 沙河冬營給養の二三・陸軍主計總監 辻村楠造 / 92
  • 實歴所感・陸軍中將 菊池武夫 / 98
  • 得利寺戰の囘想・陸軍歩兵大佐 速水約藏 / 100
  • 墨溝臺會戰の思出・陸軍少將 竹内榮喜 / 103
  • 首山堡に於ける歩兵第十八聯隊の苦戰・陸軍少將 石原應恒 / 117
  • 旅順攻城の追懐・陸軍少將 石川潔太 / 132
  • 初陣の得利寺戰・陸軍歩兵大佐 隱岐熊男 / 150
  • 大正九年四月尼市を中心とする武裝解除戰鬪・陸軍中將 小田切政純 / 152
  • 轉灣橋及劉家窩棚戰鬪の教訓・陸軍歩兵大佐 竹内東一郎 / 197
  • 陣中教育の所感・陸軍少將 長堀均 / 203
  • 戰塵茶話・陸軍少將 平野秋夫 / 206
  • 明治三十四年臺中の夜嵐・陸軍少將 小松八四郎 / 213
  • 優勢なる敵騎兵團に對せし不利なる交戰の一囘顧・陸軍歩兵中佐 千村旭城 / 227
  • 旅順の思ひ出・陸軍歩兵大尉 小林金太郎 / 241
  • 摩天嶺上の快戰・陸軍少將 伊藤政之助 / 245
  • 何とも言へぬ崇嚴なりし當時の第一師團司令部・陸軍中將 朝久野勘十郎 / 250
  • 戰場に於ける島川大將の逸話・陸軍砲兵中佐 吉見智雄 / 253
  • 三塊石山夜襲の囘顧・陸軍歩兵大佐 和田音五郎 / 267
  • 防禦戰鬪が指揮者と戰鬪部隊とに及ぼす相異なれる感應の例・陸軍中將 白井二郎 / 275
  • 盤龍山上の山砲兵中隊・陸軍中將 渡邊滿太郎 / 283
  • 西比利出征中所感の一、二・陸軍歩兵大佐 中村照治 / 287
  • 日露戰役第一軍兵站思出のまま・陸軍少將 中島銑之助 / 293
  • 奉天會戰の囘顧・陸軍中將 二子石官太郎 / 307
  • 平時の弱者戰時の強者・陸軍歩兵大佐 舘田多一 / 311
  • 安州兵站防戰の眞相・陸軍主計管 村井熊太 / 315
  • 大孤山の戰鬪・陸軍中將 志岐守治 / 319
  • 戰爭は國家間に於ける最高道徳の發露なり・陸軍大將 福田雅太郎 / 337
  • 萬賓山に於て敵の夜襲を受けたる前後の概況・陸軍少將 石原應恒 / 341

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦陣叢話
著作者等 軍事普及會
軍事討究会
書名ヨミ センジン ソウワ
書名別名 Senjin sowa
巻冊次 第4輯
出版元 軍事討究会
刊行年月 昭和2至6
ページ数 4冊
大きさ 23cm
NCID BN12087715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47006025
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想