山の灯影

信楽真純 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 新村出博士
  • 跋詠 吉井勇先生
  • あすならう / 1
  • 時計 / 6
  • 兜虫と蟻 / 12
  • 碓氷峠と鬼又兵衞 / 17
  • 小鳥と棲む / 22
  • 無銘の刀劍 / 33
  • 刀、手ばなし / 41
  • 蝦蟇と遊ぶ / 47
  • はじめ
  • 露台ものがたり
  • 蝦蟇合戰
  • 蝦蟇と甲蟲と蛇
  • 蝦蟇、生首、南瓜
  • 私の枕上に立つ蝦蟇
  • をはり
  • 阿留邊義夜宇 / 57
  • 神の外、何者をも恐れず / 63
  • 山の蛾、灯を戀ふ僧 / 70
  • 微妙なる瞬間 / 74
  • あはれと云ひて抱く人もなし / 81
  • 汝に巨人の如き力あり / 87
  • 噂に生きるは自殺なり / 90
  • 鏡を磨く女 / 96
  • ゆつたりと大圓を畫く蜻蛉かな / 105
  • JOOKより全國中繼放送
  • 復興と勇氣 / 119
  • BK放送
  • 樂しみを載する者は哭者を見て笑ふ / 130
  • 溺るる者 / 138
  • つづらをり / 144
  • 半島の風鈴 / 150
  • 半島の風鈴
  • 庭前の梧桐
  • がま供養
  • 山居斷想 / 157
  • 一、 運命と自己
  • 二、 改名する、せぬ
  • 三、 賣物、買物
  • 四、 人を見る眼
  • 五、 水の流れ
  • 六、 慈悲と親切
  • 「必ず成功」の意氣 / 163
  • 私の御主人 / 171
  • 根を張れ / 177
  • 戰爭に行く虎の繪 / 181
  • 思ひ出さずに / 193
  • 柳は千糸あれども鶯を繋がず / 203
  • 時鳥 / 206
  • 小鳥の糞、萬葉の糞 / 211
  • 親和の戰爭 / 216
  • 「常」と「恒」、「つね」をまもる / 220
  • 惠みに抱かれて / 224
  • 力、春、豌豆 / 229
  • 懴悔の心 / 233
  • 一、 罪
  • 二、 遠洋を行く船
  • 三、 慚愧處に住せよ
  • 四、 涅槃經
  • 五、 智者と愚者
  • 六、 孟子の言葉
  • 街道 / 239
  • 大將 / 241
  • 山夏夜話 / 243
  • 大鉈の人
  • 木賊苅
  • パンおくれ
  • ハイキングと御奉公 / 247
  • 天狗、山を下るの記 / 256

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 山の灯影
著作者等 信楽 真純
書名ヨミ ヤマ ノ ホカゲ
書名別名 Yama no hokage
出版元 金声堂書店
刊行年月 昭和16
ページ数 264p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46027971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想