日本文学史  第4巻

藤村作 監修

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 時代の概觀 / 3
  • 第一節 前期文學の精神 / 3
  • 第二節 唐風文化と詩文の流行 / 18
  • 第三節 遣唐使の廢止と國民的自覺 / 41
  • 第四節 生活の情趣化と佛教の影響 / 52
  • 第二章 前期の和歌 / 71
  • 第一節 萬葉の遺風と古今調の萌芽 / 71
  • 第二節 歌合の起原と發逹 / 83
  • 第三節 寛平御時后宮歌合と寛平菊合 / 88
  • 第四節 菅家萬葉集と句題和歌 / 95
  • 第五節 古今和歌集の成立 / 103
  • 第六節 古今和歌集の内容 / 110
  • 第七節 古今和歌集の文藝性(一) / 117
  • 第八節 古今和歌集の文藝性(二) / 131
  • 第九節 古今和歌集の代表的歌人 / 144
  • 第十節 古今和歌集の歴史性 / 153
  • 第十一節 後撰和歌集の形態と情緒 / 159
  • 第十二節 後撰和歌集時代の歌人 / 184
  • 第十三節 天徳歌合 / 200
  • 第十四節 古今和歌六帖 / 205
  • 第十五節 前期の歌論 / 214
  • 第十六節 古今集の假名序と眞名序 / 226
  • 第十七節 古今集假名序の文藝論 / 236
  • 第三章 前期の物語 / 253
  • 第一節 物語の發逹 / 253
  • 第二節 散佚物語 / 257
  • 第三節 竹取物語の成立 / 265
  • 第四節 竹取物語の構想と描寫 / 279
  • 第五節 竹取物語の素材 / 286
  • 第六節 竹取物語の文藝性 / 293
  • 第七節 宇津保物語の成立 / 303
  • 第八節 宇津保物語の内容と構想 / 312
  • 第九節 宇津保物語の文藝性 / 338
  • 第十節 落窪物語の成立と成長 / 348
  • 第十一節 落窪物語の内容 / 358
  • 第十二節 落窪物語の文藝性 / 373
  • 第十三節 伊勢物語の成立 / 381
  • 第十四節 伊勢物語の組織と内容 / 393
  • 第十五節 大和物語 / 401

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本文学史
著作者等 藤村 作
書名ヨミ ニホン ブンガクシ
巻冊次 第4巻
出版元 三省堂
刊行年月 昭和18
ページ数 2冊
大きさ 22cm
全国書誌番号
46024938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想