ナースの血液ガスと酸塩基平衡 : 目からウロコの超入門!

吉田聡 編集・執筆

高校生物・化学のレベルから自信のない看護師を中心に、すべての医療従事者を対象に、主に動脈血液ガス分析と酸塩基平衡に焦点を絞り、電解質のポイントを織り交ぜながら体液管理の初歩を学ぶ、「超入門」。高校生物・化学の基礎がなくても臨床の現場に出なければならない、そしてミスは許されないという現実を踏まえた実践テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • この分野が苦手な理由
  • 臨床経験が学習の邪魔をする?
  • 目に見えないものを学習する不安
  • 基本的な生物・化学の知識を大事にしよう
  • 時間を追って観察することが苦手?
  • 取っ付きにくい動脈血液ガス分析
  • 取っ付きやすいところでパルスオキシメーターから理解しよう
  • 何のために動脈血液ガス分析を行うのか?
  • 動脈血液ガス分析を理解する前に「分圧」の概念から
  • 呼吸とエネルギー代謝の関係〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナースの血液ガスと酸塩基平衡 : 目からウロコの超入門!
著作者等 吉田 聡
書名ヨミ ナース ノ ケツエキ ガス ト サンエンキ ヘイコウ : メ カラ ウロコ ノ チョウニュウモン
出版元 日総研
刊行年月 2009.2
ページ数 158p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7760-1410-2
NCID BA90326246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21639212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想