平成21年改正独占禁止法のポイント

伊藤憲二, 宇都宮秀樹, 大野志保 著

課徴金制度の見直し。不当な取引制限における懲役刑の引上げ。企業結合規制の見直し。改正法の概要を実務に即してコンパクトに解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 平成21年改正独占禁止法の概要(法案提出に至る経緯
  • 新法の要点整理)
  • 第2章 課徴金制度の見直し(独占禁止法上の課徴金制度と本改正の位置づけ
  • 現行法における課徴金制度
  • 本改正の内容)
  • 第3章 企業結合に係る届出規制の見直し(独占禁止法上の企業結合規制と本改正の位置づけ
  • 現行法における届出規制
  • 本改正の内容)
  • 第4章 その他の改正項目(不当な取引制限等の罪に対する懲役刑の引上げ
  • 海外競争当局との情報交換に関する規定の導入
  • 利害関係人による審判の事件記録の閲覧・謄写規定の見直し
  • 差止訴訟における文書提出命令の特則の導入
  • 損害賠償請求訴訟における求意見制度の見直し
  • 秘密保持義務違反に対する罰則の引上げ
  • 事業者団体届出制度の廃止)
  • 第5章 今後の改正の方向性-審判制度の見直し(新法での改正見送り
  • 審判制度見直しの背景
  • 審判制度見直しの方向性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平成21年改正独占禁止法のポイント
著作者等 伊藤 憲二
大野 志保
宇都宮 秀樹
書名ヨミ ヘイセイ 21ネン カイセイ ドクセン キンシホウ ノ ポイント
書名別名 Heisei 21nen kaisei dokusen kinshiho no pointo
出版元 商事法務
刊行年月 2009.7
ページ数 199p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7857-1663-9
NCID BA90749046
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21713064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想