ロードス島攻防記

塩野七生 著

イスラム世界に対してキリスト教世界の最前線に位置するロードス島。コンスタンティノープルを陥落させ、巨大な帝国を形成しつつ西進を目指すオスマン・トルコにとっては、この島は喉元のトゲのような存在だった。1522年、大帝スレイマン1世はついに自ら陣頭指揮を取ってロードス島攻略戦を開始した-。島を守る聖ヨハネ騎士団との5ヶ月にわたる壮烈な攻防を描く歴史絵巻第2弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロードス島攻防記
著作者等 塩野 七生
書名ヨミ ロードストウ コウボウキ
シリーズ名 新潮文庫 し-12-4
出版元 新潮社
刊行年月 2009.2
版表示 37刷改版.
ページ数 280p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-118104-2
NCID BA9171245X
BN06348687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21635898
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想