金属材料の最前線 : 近未来を拓くキー・テクノロジー

東北大学金属材料研究所 編著

ハイブリットカー、コンピューター、携帯電話、明石大橋…新しい「材料」の誕生で、社会が一変し、人々のライフスタイルまでもが変わってしまう現代。材料学の最前線を知ることは、未来の社会を知ることだ。本書は、世界有数の材料学の研究所が、材料学の初歩と、近未来を拓く材料の最前線を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 材料学の基礎(ようこそ材料学の世界へ
  • 物質の構造)
  • 第2部 社会基盤を作る材料(鉄鋼材料
  • 非鉄金属
  • セラミックス ほか)
  • 第3部 エネルギー、環境、情報分野の基盤を作る材料(高効率の太陽電池を目指して
  • 燃料電池と水素貯蔵材料
  • 環境材料としての光触媒 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金属材料の最前線 : 近未来を拓くキー・テクノロジー
著作者等 東北大学金属材料研究所
東北大金属材料研究所
書名ヨミ キンゾク ザイリョウ ノ サイゼンセン : キンミライ オ ヒラク キー テクノロジー
書名別名 Kinzoku zairyo no saizensen
シリーズ名 ブルーバックス B-1643
出版元 講談社
刊行年月 2009.7
ページ数 365p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257643-7
NCID BA90729093
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21635593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想