わが父波郷

石田修大 著

死亡記事は「水原秋桜子に師事、俳誌『鶴』主宰。昭和四十四年三月、芸術選奨文部大臣賞受賞」-。昭和の俳聖といわれた波郷の、この簡潔な略歴の奥に潜む人生の襞を、その息子が代表的な八句に託して丹念にたどった力作。第二次世界大戦と不治の病という二つの苦難を背負いながら新しい俳句への情熱を抱き続けていた父の真の姿が、くつきりと、鮮やかに浮かび上がってくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 今生は病む生なりき烏頭
  • 第1章 バスを待ち大路の春をうたがはず
  • 第2章 雁やのこるものみな美しき
  • 第3章 たばしるや鵙叫喚す胸形変
  • 第4章 寒雀汝も砂町に煤けしや
  • 第5章 ひとつ咲く酒中花はわが恋椿
  • 第6章 柿食ふや命あまさず生きよの語
  • 終章 雪降れり時間の束の降るごとく

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わが父波郷
著作者等 石田 修大
書名ヨミ ワガ チチ ハキョウ
シリーズ名 白水Uブックス 1104
出版元 白水社
刊行年月 2009.8
ページ数 249p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-72104-9
NCID BA90774666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21631371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想