手話の世界を訪ねよう

亀井伸孝 著

手話は世界共通?手話はジェスチャー?実は、手話は文法をもち、国によって異なる複数の言語です。聴者も、ろう者も、身体の違いでそれぞれ適した言語を持っています。手話を言語のひとつととらえて、ろう者たちの豊かな文化世界のフィールドワークへ出かけましょう。文化人類学者が異文化への旅に案内します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 手話ですべてが進んでいく世界
  • 2 手話という目で見る言語
  • 3 ろう者のさまざまな文化
  • 4 少数言語としての歴史
  • 5 世界の手話とろう者たち
  • 6 音声言語と手話の共存をめざして
  • おわりに-「ご近所の異文化」を訪ねてみよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手話の世界を訪ねよう
著作者等 亀井 伸孝
書名ヨミ シュワ ノ セカイ オ タズネヨウ
書名別名 Shuwa no sekai o tazuneyo
シリーズ名 岩波ジュニア新書 630
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.6
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-500630-4
NCID BA90365703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21613062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想