日韓アニメーションの心理分析

横田正夫 著

日本のアニメは「閉じこもり」!?アニメーションに描かれた人間関係の3つの要素「出会い」「交わり」「閉じこもり」に着目し、日韓の作品を比較分析。韓国の作品と比べ、一見自閉的傾向を示す日本のアニメーションが、世界で受けているのはなぜか?統合失調症患者の描画療法から得られた知見も交え、「閉じこもり」の意味を問うとともに、日本人の心理的特徴を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 分身の心理学
  • 第2章 閉じこもりのアニメーション
  • 第3章 交わりのアニメーション
  • 第4章 日本のアニメーションと韓国のアニメーション
  • 第5章 抽象的アニメーションにみられる閉じこもり
  • 終わりに-閉じこもりの力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日韓アニメーションの心理分析
著作者等 横田 正夫
書名ヨミ ニッカン アニメーション ノ シンリ ブンセキ : デアイ マジワリ トジコモリ
書名別名 出会い・交わり・閉じこもり
シリーズ名 ビジュアル文化シリーズ
出版元 臨川書店
刊行年月 2009.6
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-653-04023-1
NCID BA90561053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21626446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想