ビデオカメラで考えよう : 映像フィールドワークの発想

山中速人 編著

撮って見るだけではもったいない。ビデオメラで出会うもっと新しい自分。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 真実はカメラフレームの隅にひそかに滑り込む-考えるためのビデオカメラ論
  • 第2話 自分を撮る-サモアで感じた、自分ってこんな変なヤツだった
  • 第3話 広角レンズでだらだらと撮る-ビデオカメラを手にもって街と暮らしを覗く
  • 第4話 会話をビデオで撮る-人は身体で話をするということ
  • 第5話 ビデオカメラは小さな試写室-ビルマで映画「ビルマの竪琴」を見せてみた
  • 第6話 映像を読み解く-イコン、インデックス、シンボル
  • 第7話 表現と思考、その撮影の極意-目的が異なればテクニックも違う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビデオカメラで考えよう : 映像フィールドワークの発想
著作者等 山中 速人
書名ヨミ ビデオ カメラ デ カンガエヨウ : エイゾウ フィールド ワーク ノ ハッソウ
出版元 七つ森書館
刊行年月 2009.2
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8228-0982-9
NCID BA88981566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21623452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想