基礎学力を問う : 21世紀日本の教育への展望

東京大学学校教育高度化センター 編

学力をめぐる問いは、日本の教育をどこへ導くか。めまぐるしい教育改革、格差問題、全国テスト、学校現場での模索など、気鋭の教育学者が論争を総括し、日本の教育の今後を提言する7章。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 改革論争のポリティクス 学力問題の構図と基礎学力の概念
  • 2章 学力論争を歴史的にふりかえる 近代の学力像とその社会的基底
  • 3章 教育の機会均等と学力 グローバル化社会における学力観
  • 4章 半世紀前の全国テストが照射するもの 学力調査と格差問題の時代変化
  • 5章 職場としての学校から教育改革をみる 学力政策を支える教師の労働実態と課題
  • 6章 認知心理学からの提言 学力概念と指導・評価
  • 7章 授業改革への方向 質の時代における学力形成
  • エピローグ 学力問題への問い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基礎学力を問う : 21世紀日本の教育への展望
著作者等 佐藤 学
小川 正人
市川 伸一
恒吉 僚子
東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化センター
秋田 喜代美
苅谷 剛彦
金子 元久
東京大学学校教育高度化センター
書名ヨミ キソ ガクリョク オ トウ : 21セイキ ニホン ノ キョウイク エノ テンボウ
書名別名 Kiso gakuryoku o to
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2009.6
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-13-051316-6
NCID BA90454122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21720255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想