映画シナリオ『海辺の家』

Mark Andrus 著 ; 相本資子, 勝井伸子, フェネル・ウィリアム 編注

本書は、アメリカ映画『海辺の家』(Life as a House,2001)の脚本を使用して、映像を楽しみながら、口語的表現などの生きた英語を学び、英語コミュニケーション能力を身につけることを目指している。また、車、ドラッグ、セックスなどの若者たちを取り巻く問題、崩壊する家族とその再生、父と息子の関係などについてのコラムも載せているので、現代のアメリカ文化の理解にも役立つ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画シナリオ『海辺の家』
著作者等 Andrus, Mark
相本 資子
Fennell William
ウィリアム フェネル
勝井 伸子
書名ヨミ エイガ シナリオ ウミベ ノ イエ
出版元 英宝社
刊行年月 2009.1
ページ数 130p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-269-09005-7
NCID BA90847227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21611661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想