奥羽から中世をみる

藤木久志, 伊藤喜良 編

中世奥羽地域に焦点をあて、その視点から日本中世の政治・社会の問題に挑んだ画期的論文集。平泉政権や安藤氏、南奥羽の国人、戦国大名の様相と伊達氏、奥羽仕置後など十七編を収録。日本中世史研究に一石を投じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 北奥羽からの視点(平泉藤原氏政権と帰義軍節度使政権
  • 御館は秀郷将軍嫡流の正統なり
  • 四通の十三湊安藤氏相伝文書と八戸南部氏)
  • 2 南奥羽の国人(石川一族板橋氏の成立と展開
  • 陸奥・出羽の悪党と国人一揆(その一)
  • 嘉吉の乱後の鎌倉府と綸旨
  • 領域勧農の記憶-南奥の「白川家年中行事」断章)
  • 3 戦国の様相と伊達氏(戦国期南奥羽の地域と印章
  • 十六世紀中葉の懸田氏系城館-小手郷周辺の天文の乱の城館
  • 永禄七、八年の長沼をめぐる抗争
  • 月斎と梅雪斎の対立と大越紀伊守-清顕後の家中抗争の一要因
  • 郡山合戦にみる伊達政宗の境目認識
  • 天正期伊達領国における片倉景綱の立場
  • 簗川八幡祭礼と近衛稙家
  • 伊達郡における伊達氏の文化)
  • 4 奥羽仕置後(南奥羽の蒲生領の支城配置
  • 最上氏の改易と家臣の行方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奥羽から中世をみる
著作者等 伊藤 喜良
伊藤 清郎
入間田 宣夫
垣内 和孝
大石 直正
小豆畑 毅
工藤 雅樹
斉藤 利男
渡部 正俊
若松 富士雄
菅野 正道
藤木 久志
鈴木 啓
高橋 健一
高橋 充
高橋 圭次
高橋 明
書名ヨミ オウウ カラ チュウセイ オ ミル
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.7
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-02886-8
NCID BA90468659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21623012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想