タバコ狩り

室井尚 著

なぜここまでタバコは憎まれるのか。ありとあらゆるところが全面禁煙になりつつある。自明のことのように進むこの動きの背後には、"科学"をたてにしたWHOの強引な世論誘導がある。はたして、その"科学"は本当に正しいのか。二〇一〇年二月、タバコが日本から消える?「テロとの戦い」とも見紛うタバコ排除の力学を暴く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 肩身の狭い喫煙者
  • 第2章 なぜ、喫煙=悪になったのか
  • 第3章 本当のところタバコはどのくらい体い悪いのか?
  • 第4章 受動喫煙という詭弁
  • 第5章 喫煙をめぐるさまざまな議論
  • 第6章 このままでは自由が奪われる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タバコ狩り
著作者等 室井 尚
書名ヨミ タバコガリ
書名別名 Tabakogari
シリーズ名 平凡社新書 468
出版元 平凡社
刊行年月 2009.6
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85468-8
NCID BA90386758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21636602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想