精神分析臨床を生きる : 対人関係学派からみた価値の問題

サンドラ・ビューチュラー 著 ; 川畑直人, 鈴木健一 監訳 ; 椙山彩子, ガヴィニオ重利子 訳

臨床家は、自身の目指す理念や、一人の人間としてのパーソナルな経験、価値観を心理的援助に生かせるか?本書は、これまで「中立性」が重視されてきた精神分析の伝統への一つの大きな挑戦である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 臨床的論考に向けて
  • 第1章 好奇心
  • 第2章 希望
  • 第3章 親切
  • 第4章 勇気
  • 第5章 目的感覚
  • 第6章 感情のバランス
  • 第7章 喪失に耐える力
  • 第8章 統合性
  • 第9章 理論を生かす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析臨床を生きる : 対人関係学派からみた価値の問題
著作者等 Buechler, Sandra
Gavinio, Eriko
川畑 直人
椙山 彩子
鈴木 健一
ガヴィニオ 重利子
ビューチュラー サンドラ
書名ヨミ セイシン ブンセキ リンショウ オ イキル : タイジン カンケイ ガクハ カラ ミタ カチ ノ モンダイ
書名別名 Clinical values
出版元 創元社
刊行年月 2009.5
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-422-11421-7
NCID BA90119671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21658373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想