黒い大西洋(ブラック・アトランティック)と知識人の現在

市田良彦, ポール・ギルロイ, 本橋哲也 著 ; 小笠原博毅 編

二〇〇七年十月六日、神戸大学六甲ホールにて、「ポストコロニアル世界と"知識人"-「黒い大西洋」からの声」と題する国際シンポジウムが行われた。この本の前半部は、神戸大学国際文化学研究科が主催した、そのシンポジウムの記録である。後半部は、フランスのオン・ライン雑誌Movementsに掲載されたポール・ギルロイのインタヴュー記事の翻訳と、ギルロイの思考の「概説」によって成り立っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 黒い大西洋からの声("知識人は存在しない"あるいは思考としてのミメーシスについて
  • 文明主義に抗う
  • オリエンタリズムと知識人の位相-文化研究と批評理論の壁は崩壊したか
  • ディスカッション 音楽とコンヴィヴィアリティ-文化政治は終わったのか?)
  • 2 黒い大西洋、再び(黒い大西洋からポストコロニアルなメランコリーへ
  • 解説 海流という"普遍"を航海するポール・ギルロイ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒い大西洋(ブラック・アトランティック)と知識人の現在
著作者等 Gilroy, Paul
小笠原 博毅
市田 良彦
本橋 哲也
ギルロイ ポール
書名ヨミ ブラック アトランティック ト チシキジン ノ ゲンザイ
書名別名 黒い大西洋と知識人の現在
出版元 松籟社
刊行年月 2009.6
ページ数 250, 12p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87984-270-1
NCID BA9064848X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21611654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想