プルードン・セレクション

P.-J.プルードン [著] ; 河野健二 編

分権制、連合主義、地域主義、相互扶助組織など、一九世紀フランスの情況から切り出された思想が、資本主義の一世紀半、「共産主義国家」の一世紀を経て、いま新たな重要性を帯び、注目を集めている。権力と富との集中を徹底的に拝して、相互保証組織を備えた小規模な集団が契約を通じて政治的な連合を作り上げる-アナーキズムの流れが受け継ぐプルードンの批判と構想、その精髄を抜粋し、テーマ別に編んだアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 情況の認識(フランス社会の特質
  • 二月革命
  • クーデターと産業的帝政)
  • 2 自由と労働(社会
  • 自由
  • 相互性-契約
  • 労働)
  • 3 抑圧の構造(所有
  • 国家
  • 教会)
  • 4 あるべき社会を求めて(社会革命とアナルシー
  • 政治的連合と基礎的諸集団
  • 労働者階級の政治的能力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プルードン・セレクション
著作者等 Proudhon, P.-J.
Proudhon, Pierre-Joseph
河野 健二
Proudhon Pierre‐Joseph
プルードン ピエール=ジョゼフ
書名ヨミ プルードン セレクション
書名別名 Purudon serekushon
シリーズ名 平凡社ライブラリー 670
出版元 平凡社
刊行年月 2009.5
ページ数 317p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76670-7
NCID BA9002605X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21627528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想