大学評価文化の定着 : 大学が知の創造・継承基地となるために

大学評価・学位授与機構 編 ; 川口昭彦 著

[目次]

  • 第1部 大学に求められているもの(知識基盤社会の牽引車
  • 社会のパラダイム・シフトと大学
  • 質保証と説明責任)
  • 第2部 高等教育の歴史と質保証(日本の高等教育の歩み
  • 質保証と評価制度の歴史
  • 国際的な質保証の方向性)
  • 第3部 大学教育の未来を拓く(知識基盤社会の高等教育政策
  • 成果重視の時代
  • 評価の戦略的活用と大学の意識改革)
  • 参考文献・資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学評価文化の定着 : 大学が知の創造・継承基地となるために
著作者等 大学評価学位授与機構
大学評価学位授与機構
川口 昭彦
書名ヨミ ダイガク ヒョウカ ブンカ ノ テイチャク : ダイガク ガ チ ノ ソウゾウ ケイショウ キチ ト ナル タメニ
シリーズ名 大学評価・学位授与機構大学評価シリーズ
出版元 ぎょうせい
刊行年月 2009.5
ページ数 178p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-324-08689-6
NCID BA90258634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21608807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想