源氏鶏太作品集  第12 (一等サラリーマン)

[目次]

  • 目次
  • 第一部 サラリーマン十戒
  • サラリーマン十戒 / 12
  • 出張旅費のやりくり / 17
  • ボーナス袋の秘策 / 21
  • サラリーマン奥様論 / 25
  • サラリーマン夫人五箇条 / 29
  • サラリーマン五箇条 / 30
  • サラリーマンと伝統 / 34
  • 一等重役論 / 36
  • 一等サラリーマン / 39
  • サラリーマン生活 / 40
  • 模範社員失格 / 42
  • 日曜日の人生-サラリーマンに於ける休日の研究- / 44
  • サラリー・ガールヘ / 49
  • 松の廊下由来記 / 51
  • 上役から見た恋愛と仕事 / 53
  • 重役と重役夫人 / 57
  • ビール会復活 / 60
  • 会社員としての順と誓子 / 61
  • サラリーマン七つの生態 / 64
  • 焼芋パーティ / 71
  • 私はサラリーマンを辞めた / 75
  • サラリーマン生活の決算報告 / 76
  • 背広を脱いだサラリーマン / 79
  • 男三人集まれば / 81
  • 恋愛の経済学 / 84
  • わが住友生活 / 87
  • 第二部 デブ亭さん
  • 酒と私 / 100
  • 恋愛と結婚 / 102
  • 幸福の秘密 / 103
  • 短気は損気 / 106
  • 檜舞台 / 109
  • ホテルにて / 111
  • 客引き / 113
  • 地上最大のサービス / 117
  • 山を負った城下街 / 120
  • 展望車の客 / 123
  • デブ亭さん / 125
  • 傷に玉 / 129
  • パチンコ人生 / 134
  • 佐渡の女中さん / 138
  • よさこい節 / 143
  • 私の手帳より / 146
  • 美人との相乗り / 150
  • 太郎と花子 / 155
  • 刑事と酒 / 158
  • 女房と煙草銭 / 163
  • ニヤリ哲学の悲哀 / 168
  • 鰻と草履と羽織 / 173
  • 東京ぐらし・大阪ぐらし / 177
  • 第三部 故郷の山河
  • 間借りの話 / 184
  • えんえちがえち / 185
  • マントの話 / 186
  • 郵便局臨時雇員 / 188
  • 郷里のことなど / 190
  • 最初の面会 / 191
  • 親馬鹿の記 / 193
  • 富山の七月 / 195
  • 越中のかからく / 197
  • 故郷の山河-富山風土記- / 199
  • 三等水兵 / 206
  • 第四部 サラリーマン作家
  • 投稿二十年 / 218
  • アイスキャンディ / 220
  • 処女講演 / 224
  • 飛行機さん / 226
  • 私はこうして作家になった / 232
  • サラリーマン作家 / 234
  • 社員根性 / 238
  • 一日女房 / 245
  • 鶏太ざんげ録 / 251
  • 内職の悲喜劇 / 259
  • 正月早々 / 261
  • 毎日が日曜日 / 268
  • 作家生活 / 269
  • 鼻の話 / 270
  • 詩・十篇 / 274
  • 第五部 某月某日 / 280
  • 源氏鶏太年譜 / 319

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 源氏鶏太作品集
著作者等 源氏 鶏太
書名ヨミ ゲンジ ケイタ サクヒンシュウ
書名別名 Genji keita sakuhinshu
巻冊次 第12 (一等サラリーマン)
出版元 新潮社
刊行年月 1958
ページ数 326p
大きさ 20cm
全国書誌番号
58001783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想