社宅街 : 企業が育んだ住宅地

社宅研究会 編著

生産機能向上を図る企業は、福利施設としての住居、娯楽施設、都市基盤等をも整備した。現代に息づく社宅街の成立と変容を明らかにする。社宅街データベース付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 近代の企業開発住宅地-社宅街(企業が育み、企業とともに成長する街
  • 社宅を読み解く視点)
  • 第2部 社宅街の誕生と展開(苫小牧/カンパニータウン
  • 鴻之舞/消えた東洋一の金山
  • 釜石/近代製鉄発祥の地
  • 小坂/記憶をつなぐ鉱山町 ほか)
  • 第3部 社宅が語る近代日本の住文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社宅街 : 企業が育んだ住宅地
著作者等 中野 茂夫
中川 理
中江 研
安野 彰
崎山 俊雄
木方 十根
池上 重康
砂本 文彦
社宅研究会
藤谷 陽悦
角 哲
谷村 仰仕
辻原 万規彦
社会研究会
書名ヨミ シャタクガイ : キギョウ ガ ハグクンダ ジュウタクチ
書名別名 Shatakugai
出版元 学芸出版社
刊行年月 2009.5
ページ数 241, 13p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7615-3176-8
NCID BA90118067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21606025
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想