群馬・産業遺産の諸相

高崎経済大学附属産業研究所 編

群馬における鉱工業や絹産業の歴史を振り返りながら、産業遺産をめぐる今後の活用方法や課題・将来展望を考察する。富岡製糸場の世界遺産登録を目指す動きにも言及。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 産業考古学における産業遺産研究(わが国における産業考古学の研究系譜と問題点
  • 鉄道の発達からみた群馬の産業史とその遺産の点描)
  • 第2章 群馬県における鉱工業の展開とその遺産(日本の近代化における中小坂鉄山の意義と遺産の概要
  • 吾妻郡の鉱山と閉山後の現況
  • 高崎亜炭工業の歴史と産業遺産
  • 群馬県の重化学工業化と浅野財閥・理研コンツェルン-「産業遺産」化研究序論)
  • 第3章 富岡製糸場と絹産業遺産群の世界遺産化とその課題(富岡製糸場の保存とその活性化に向けた街づくりにみる諸問題
  • 市民の支援と産業遺産の関わり
  • 養蚕・製糸業を支えた風穴の分布とその意義
  • 碓氷峠鉄道施設の保存と活用-歩みと世界遺産化への課題)
  • 第4章 群馬県の伝統産業と生活文化(群馬県方言における"養蚕空間"を表す語彙
  • 鐘紡の労務管理と新町紡績所の終末期の操業形態
  • 暮らしを支える民俗遺産-「石」に生かされた群馬の「地域」から
  • 下仁田森林鉄道の形成と住民の利用形態)
  • 第5章 地域産業の展開とその歴史的評価(近代化産業遺産保存の将来と活性化の課題-社会経済学からの接近
  • 群馬県における蒟蒻精粉業の史的展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 群馬・産業遺産の諸相
著作者等 下谷 昌幸
中牧 崇
久宗 周二
千葉 貢
原田 喬
大島 登志彦
小池 重喜
山崎 益吉
岸田 孝弥
新井 小枝子
桑島 裕
武井 昭
西野 寿章
青木 栄一
高崎経済大学附属産業研究所
高階 勇輔
書名ヨミ グンマ サンギョウ イサン ノ ショソウ
書名別名 Gunma sangyo isan no shoso
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2009.3
ページ数 341p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2047-0
NCID BA89596505
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21598983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想