映画的建築/建築的映画

五十嵐太郎 著

すぐれた映像クリエイターたちはみな、「建築家」だ!ありえない空間から立ちあがるリアルとは。建築の本質にせまる、野心的な映像メディア考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 いかに建築と映像をつなぐか
  • 第1部 舞台と美術(建築家としての小津安二郎
  • どこにも存在しない、「懐かしい」空間-種田陽平論1 ほか)
  • 第2部 空間と風景(他者のランドスケープ-リドリー・スコット論
  • 不在の中心としてのローラパーマー-『ツイン・ピークス』 ほか)
  • 第3部 架空の都市(カステロフィリアとしての宮崎駿
  • 『イノセンス』が創造した極限都市-押井守論1 ほか)
  • 第4部 建築家と映像(建築界が嫌悪した映画-『摩天楼』
  • ジャック・タチのウルトラ・モダン建築 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画的建築/建築的映画
著作者等 五十嵐 太郎
書名ヨミ エイガテキ ケンチク ケンチクテキ エイガ
出版元 春秋社
刊行年月 2009.4
ページ数 302p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-95705-9
NCID BA89901788
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21596123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想