カール・マルクスの弁明

聽濤弘 著

資本主義の限界を解き明かす-入門的マルクス再読。そもそもマルクスは資本主義をどう分析し、その理論的帰結としての社会主義とは何だったのか。そして、20世紀の社会主義やいま社会主義をめざす国々は、マルクスの視点からはどう見えるのか。原点に立ち返って、過去・現在・未来を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会主義思想の誕生と若いマルクス
  • 第1章 マルクスの社会主義論
  • 第2章 レーニンの苦悩と社会主義論
  • 第3章 「二〇世紀の社会主義」とは何だったのか
  • 第4章 いま社会主義をめざす国々について
  • 第5章 市場経済を通じて社会主義へ
  • 第6章 資本主義の限界と社会主義の展望
  • 終章 日本における「新たな社会主義」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カール・マルクスの弁明
著作者等 聴濤 弘
聽涛 弘
書名ヨミ カール マルクス ノ ベンメイ : シャカイ シュギ ノ アタラシイ カノウセイ ノ タメニ
書名別名 社会主義の新しい可能性のために

Karu marukusu no benmei
出版元 大月書店
刊行年月 2009.5
ページ数 266p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-272-43080-2
NCID BA89971353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21595523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想