江戸「粋」の系譜

奥野卓司 著

現代の日本のライフスタイルや文化・産業の原型は、すべて江戸時代にある。そこには町民たちが大事にした美意識「粋」が息づいていた。歌舞伎・からくり・浮世絵・黄表紙…。絢爛たる江戸文化に流れる「粋」の系譜を追いながら、それらを鏡として現代社会を読み解き、私たちが生きる近未来を見通す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 歴女、源内に会う
  • 第1章 江戸時代のメディア・プロデューサーたち
  • 第2章 江戸時代に成立した日本型資本主義
  • 第3章 江戸の「モノづくり」は「モノ語り」づくり
  • 第4章 時をめぐる少年少女たち
  • 第5章 江戸と上方の動物観
  • 第6章 ジャパンクールのルーツ-粋・通・連
  • エピローグ なぜ「江戸」がブームになるのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸「粋」の系譜
著作者等 奥野 卓司
書名ヨミ エド イキ ノ ケイフ
シリーズ名 アスキー新書 108
出版元 アスキー・メディアワークス
角川グループパブリッシング
刊行年月 2009.5
ページ数 174p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-867733-2
NCID BA90144500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21595512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想