周産期管理

池ノ上克 監修

周産期医療の臨床現場で、「これだけ押さえておけば大丈夫」という妊娠・分娩・新生児の管理。宮崎大学医学部産婦人科学教室での実践をもとに、最新かつevidence‐basedの世界的な考え方を示して解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 周産期医学の発展と未来
  • 正常分娩の管理
  • 胎児心拍数モニタリング
  • 妊娠高血圧症候群
  • 多胎(双胎)
  • 切迫早産
  • 前期破水
  • 常位胎盤早期剥離
  • 前置胎盤・癒着胎盤
  • 子宮内胎児発育遅延
  • 糖尿病合併妊娠
  • 甲状腺疾患合併妊娠
  • 自己免疫疾患合併妊娠
  • 腎・泌尿器疾患合併妊娠
  • 消化器疾患合併妊娠
  • 遷延分娩
  • 産科ショック
  • 周産期医療の地域化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 周産期管理
著作者等 池ノ上 克
書名ヨミ シュウサンキ カンリ
書名別名 Perinatal management of pregnancy
出版元 メディカ
刊行年月 2009.4
ページ数 266p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8404-2885-9
NCID BA90414252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21580077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想