〈いのち〉をめぐる近代史 : 堕胎から人工妊娠中絶へ

岩田重則 著

近代社会でも深く根付いていた堕胎。しかし帝国主義段階において徐々に消滅し、人間の存在する権利が保証されていく。背景には何があったのか。生と性に光をあて、消えていった"いのち"を描き、近代日本の現実を抉る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生まれなかったいのち-プロローグ
  • 胎児といのちへの視線
  • 堕胎の社会経済史
  • 堕胎手術の社会伝承史
  • 堕胎罪をめぐる女と男
  • いのちの近代
  • 二種類のいのちと人権-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈いのち〉をめぐる近代史 : 堕胎から人工妊娠中絶へ
著作者等 岩田 重則
書名ヨミ イノチ オ メグル キンダイシ : ダタイ カラ ジンコウ ニンシン チュウゼツ エ
書名別名 Inochi o meguru kindaishi
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 271
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.5
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05671-7
NCID BA89624462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21584103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想