入門哲学としての仏教

竹村牧男 著

縁起・無我・空・唯識-近代合理主義を超える思想の本質とは。今こそ仏教を読み直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 仏教はとても斬新な哲学である
  • 第1章 存在について-本体なき現像の生成
  • 第2章 言語について-その解体と創造
  • 第3章 心について-深層心理の奥にあるもの
  • 第4章 自然について-自己と環境の哲学
  • 第5章 絶対者について-絶対無の宗教哲学
  • 第6章 関係について-その無限構造の論理
  • 第7章 時間について-絶対現在の時間論
  • 結 「哲学としての仏教」への一視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門哲学としての仏教
著作者等 竹村 牧男
書名ヨミ ニュウモン テツガク ト シテノ ブッキョウ
書名別名 Nyumon tetsugaku to shiteno bukkyo
シリーズ名 講談社現代新書 1988
出版元 講談社
刊行年月 2009.4
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-287988-0
NCID BA89701698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21585458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想