自民党戦国史  上

伊藤昌哉 著

日本の戦後政治を語る上で、派閥の存在を無視することはできない。総理総裁の椅子をめぐり合従連衡を繰り返すことによって、戦後の保守政治は形作られてきたともいえる。佐藤政権末期から田中、三木、福田、大平、鈴木、中曾根へと、次第に田中派支配が強まるなかで、権謀術数を尽くし政権獲得への執念を燃やす派閥の領袖たちの心理ドラマを描き出す、迫真のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 派閥と領袖(前尾派の誕生と佐藤四選
  • 大平、田中の一本立ち
  • 田中角栄の台頭
  • 田中政権の性格
  • 田中角栄の暗い面
  • 日中航空協定と参議院選挙
  • 田中内閣の退陣
  • 椎名裁定の前夜
  • 気落ちした大平正芳
  • 第二の保守合同とは何か
  • おれが横になったら党は何もできない
  • ロッキード事件と三木降ろし
  • 挙党協と内閣改造
  • 公選法第三十一条の"解散"
  • 保革逆転ならず
  • 微妙になった大福関係
  • 野沢詣でと瀬田詣で
  • 解散は封じこめよ
  • 日中交渉と大福関係
  • 公選に私は立たない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自民党戦国史
著作者等 伊藤 昌哉
書名ヨミ ジミントウ センゴクシ
書名別名 Jiminto sengokushi
シリーズ名 ちくま文庫 い67-1
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.3
ページ数 421p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42581-2
NCID BA89463476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21576596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想