モラリア  5

プルタルコス 著 ; 丸橋裕 訳

エジプト宗教やギリシアの神託をめぐる神学談義。デルポイ神官である著者が得意の思索を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イシスとオシリスについて
  • ピュティアをめぐる対話篇(デルポイのEについて
  • ピュティアは今日では詩のかたちで神託を降ろさないことについて
  • 神託の衰微について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モラリア
著作者等 Plutarch
Plutarchus
三浦 要
中村 健
丸橋 裕
伊藤 照夫
和田 利博
戸塚 七郎
松本 仁助
瀬口 昌久
田中 龍山
プルタルコス
書名ヨミ モラリア
書名別名 Moralia
シリーズ名 西洋古典叢書 G061
巻冊次 5
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2009.3
ページ数 385p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-87698-182-3
NCID BA31020312
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21567486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想