南極・北極の気象と気候

山内恭 著

南極・北極ってどんなところ?近年、地球温暖化によって注目されつつある極域。探検時代の話から温暖化現象まで、地球規模の研究成果に基づき紹介。図表も豊富で、視覚的にもわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 南極・北極の気象観測の系譜-極地探検から極域科学研究へ
  • 第2章 南極・北極とはどういうところか
  • 第3章 放射収支
  • 第4章 温室効果気体
  • 第5章 大気中の微小粒子-エアロゾル
  • 第6章 水と雲
  • 第7章 風
  • 第8章 オゾンホール
  • 第9章 南極内陸ドームふじの気象
  • 第10章 氷床コアと古気候
  • 第11章 温暖化と極域

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南極・北極の気象と気候
著作者等 山内 恭
書名ヨミ ナンキョク ホッキョク ノ キショウ ト キコウ
書名別名 Nankyoku hokkyoku no kisho to kiko
シリーズ名 気象ブックス 027
出版元 成山堂書店
刊行年月 2009.2
ページ数 204, 5p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-425-55261-0
NCID BA89308666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21576504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想