比較法社会論研究

広渡清吾 著

[目次]

  • 第1部 比較法社会論の課題と方法(はじめに-末弘法学から学ぶ
  • 比較の方法について-分類論的方法と問題論的方法
  • 「比較」論、「関係」論および「段階」論 ほか)
  • 第2部 グローバル化のなかの国家と社会(日本社会の近代化と法化
  • 20世紀における競争法の普遍化
  • グローバリゼーションと日本国家 ほか)
  • 第3部 総合フォーラムとしての法理論(法的判断論の構図-法の解釈・適用とは何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較法社会論研究
著作者等 広渡 清吾
書名ヨミ ヒカクホウ シャカイロン ケンキュウ
出版元 日本評論社
刊行年月 2009.3
ページ数 353p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-51661-8
NCID BA89385179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21575861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想