カレワラタリナ

マルッティ・ハーヴィオ 編 ; 坂井玲子 訳

「カレワラ」はフィン民族が幾世紀にもわたって詠い、語り伝えてきた一連の長大韻文民族叙事詩である。1966年マルッティ・ハーヴィオは「カレワラ物語」と称する散文物語を編纂した。本書はその「カレワラ物語」に準処した翻訳であり、韻文叙事詩「カレワラ」への入門書でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめの詩
  • ワイナモイネンの誕生
  • 文明のおこり
  • 知恵くらべ
  • 乙女アイノ
  • ポホヨラへの旅
  • ポホヨラの娘
  • 魔法の臼サンポ
  • レンミンカイネンの冒険
  • 舟の建造〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カレワラタリナ
著作者等 Haavio, Martti
坂井 玲子
ハーヴィオ マルッティ
書名ヨミ カレワラ タリナ
書名別名 Kalevalan tarinat

Karewara tarina
シリーズ名 1000点世界文学大系 北欧篇 4
出版元 北欧文化通信社
刊行年月 2009.1
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-938409-03-6
全国書誌番号
21573657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想