日本の国際政治学  第4巻

日本国際政治学会 編

国際関係の歴史研究は、国際政治学にとって不可欠の分野である。学問としての国際政治学は、その出発から歴史研究と不可分の関係にあり、外交史との密接な相互作用の中で発展した。二十一世紀の国際政治および日本の進路について、歴史は何を示唆するのか。国際関係の過去と未来をつなぐ新たな歴史研究の枠組みをいかに構築するか。歴史と理論の交差という関心をふまえつつ、歴史研究の視点から複雑な国際政治の実態の解明を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史から見た国際政治学
  • 国際政治史の系譜学-戦後日本の歩みを中心に
  • グローバル・ヒストリー-その分析視座と冷戦史研究へのインプリケーション
  • 近代ヨーロッパ国際政治史
  • 東アジア国際政治史-中国をめぐる国際政治史と中国外交史
  • 戦間期アジア国際政治史
  • 米ソ冷戦史-アメリカの視点
  • ヨーロッパ冷戦史-ドイツ問題とヨーロッパ・デタント
  • 戦後アジア国際政治史
  • 冷戦後の国際政治
  • 近代日本外交史
  • 戦後日本外交史-自立をめぐる葛藤

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の国際政治学
著作者等 日本国際政治学会
李 鍾元
田中 孝彦
細谷 雄一
書名ヨミ ニホン ノ コクサイ セイジガク
書名別名 Historical approaches to international politics

歴史の中の国際政治

Japanese studies of international politics
巻冊次 第4巻
出版元 有斐閣
刊行年月 2009.3
ページ数 282p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-01029-1
NCID BA89347114
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21563016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想