クイールを育てた訓練士

多和田悟, 矢貫隆 著

『盲導犬クイールの一生』に登場する盲導犬訓練士・多和田悟。彼が「魔術師」と呼ばれるのはなぜか?どのようにして「犬の言葉がわかる人」になったのか。盲導犬訓練30年間の軌跡を描く、もう一つの感動の物語。新たに文庫版のための書き下ろし「"犬と暮らす"ということ」を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Prologue 「この子は、何があっても叱らないでください」
  • 盲導犬訓練士、多和田悟について
  • 1 「僕の左手が『この犬、OK』と言ったから」
  • 2 「人はパンのみに生きるにあらず」
  • 3 「グーッド・グッド」
  • 4 「あなたがそれをやってください」
  • Epilogue 「初めて目を持ちました」
  • Plus "犬と暮らす"ということ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クイールを育てた訓練士
著作者等 多和田 悟
矢貫 隆
下村 誠
書名ヨミ クイール オ ソダテタ クンレンシ
書名別名 Kuiru o sodateta kunrenshi
シリーズ名 文春文庫plus P10-18
出版元 文藝春秋
刊行年月 2009.3
ページ数 195p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-775364-1
NCID BA91548662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21561045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想