SF映画とヒューマニティ : サイボーグの腑

浅見克彦 著

『ターミネーター』『2001年宇宙の旅』『ロボコップ』『スタートレック』…。サイボーグやロボット、地球外生命体と人間との接触が映し出す現代文化のありようを解読し、SF映画を通して私たちの人間性やアイデンティティがなぜ・どう揺さぶられるのかを探究するフィルム・スタディーズ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サイボーグ・エロス(ボーグの誘惑
  • 「きて、私のなかに。お願い」 ほか)
  • 第2章 ひび割れた鏡像-自己のイドラ(「Like tears…in rain.」
  • 「存在は裸形を恐れて幻影をまとう」 ほか)
  • 第3章 ドッペルゲンガー-自死の定め(「このお方は己の望みを知らんのだ」-人形つかいの矛盾
  • モンスター-人間の真実を映す鏡 ほか)
  • 第4章 サイバー・ボディのキネーシス(Being a Invisible Body-意識のキネーシス
  • メディアとしての身体-意識のプロステーシス ほか)
  • 終章 擬態的存在の明滅-Being the Skin

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 SF映画とヒューマニティ : サイボーグの腑
著作者等 浅見 克彦
書名ヨミ SF エイガ ト ヒューマニティ : サイボーグ ノ フ
書名別名 SF eiga to hyumaniti
出版元 青弓社
刊行年月 2009.3
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7872-7259-1
NCID BA89510918
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21564846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想