英語ディベート理論と実践

松本茂, 鈴木健, 青沼智 著

批判的思考力や論理的思考力が重視され、高校や大学でも「議論」を展開する活動が積極的に取り入れられている。英語教育においてディベートをどうとらえるべきか、指導上のポイントを示し、実例からどんな理論を活用したうえで戦術や議論を準備し、論証すべきかを解説する。日本のディベート教育をリードしてきた著者陣による一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 授業ディベート編(指導者として知っておきたいディベートの基礎知識
  • 何をどのように教えるか)
  • 第2部 競技ディベート編(肯定側第1立論(1AC)
  • 否定側第1立論(1NC)
  • 肯定側第2立論(2AC)
  • 否定側第2立論(2NC)/否定側第1反駁(1NR)
  • 肯定側第1反駁(1AR)
  • 否定側第2反駁(2NR)/肯定側第2反駁(2AR)
  • 反対尋問(Cross‐Examination)
  • 審査方法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語ディベート理論と実践
著作者等 松本 茂
鈴木 健
青沼 智
書名ヨミ エイゴ ディベート リロン ト ジッセン
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 2009.3
ページ数 330p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-472-40379-8
NCID BA89076072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21559679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想