お葬式 : 死と慰霊の日本史

新谷尚紀 著

誰にでもやがて訪れる死。日本人は死をいかに考え、死者をどのように葬ってきたのか。葬式・墓・慰霊をキーワードに、各地の多様な習俗、弔い方や、死生観をたどる。死の歴史を見つめ直し、死への向きあい方をやさしく語る、葬式の日本史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 死と葬儀の歴史と民俗-高野山の安居会講演より(民俗学の考え方
  • 死の歴史
  • 葬送三転考
  • 伝統社会の死と葬送
  • 現代社会の死と葬送
  • 墓と供養の時代差と地域差
  • 宗教の科学
  • 民俗学の霊魂論)
  • 2 慰霊と軍神-言語と文化の翻訳(慰霊と追悼-Memorialを慰霊と翻訳してはならない
  • 軍神の誕生
  • 真珠湾の九軍神)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お葬式 : 死と慰霊の日本史
著作者等 新谷 尚紀
書名ヨミ オソウシキ : シ ト イレイ ノ ニホンシ
書名別名 Ososhiki
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.2
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-07999-0
NCID BA88921600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21542872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想