不干斎ハビアン : 神も仏も棄てた宗教者

釈徹宗 著

禅僧から改宗、キリシタン全盛の時代にイエズス会の理論的主柱として活躍するも、晩年に棄教。世界に先駆けて東西の宗教を知性で解体した男は、宗教の敵か、味方か?その宗教性と現代スピリチュアリティとの共通点とは?はたしてハビアンは日本思想史上の重要人物か-。謎多き生涯と思想から、日本人の宗教心の原型を探る。現役僧侶による画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発掘されるハビアン
  • 第2章 『妙貞問答』が語るもの
  • 第3章 ハビアンの比較宗教論
  • 第4章 林羅山との対決、そして棄教
  • 第5章 『破提宇子』の力
  • 第6章 ハビアンと現代スピリチュアル・ムーブメント
  • 終章 ハビアンの見た地平

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不干斎ハビアン : 神も仏も棄てた宗教者
著作者等 釈 徹宗
書名ヨミ フカンサイ ハビアン : カミ モ ホトケ モ ステタ シュウキョウシャ
書名別名 Fukansai habian
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2009.1
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603628-6
NCID BA88818248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21540733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想